幼稚園等新規採用教員研修 
 公立幼稚園に教諭として新しく採用された者を対象とした研修です。
 研修は19日(園内10日、園外9日)行います。当センターでは、園外研修を担当しています。

   ・

開講式及び宿泊研修は、小・中・県立学校初任者研修等と同日同会場で実施します。教員としての在り方や社会人としての素養などについて、基礎・基本を学びます。
   ・

その他の研修日には、「幼稚園教育の基本」「教師の役割」「人権教育」などの講義や協議、「体を動かすことを楽しむ遊びや表現活動」「視聴覚教材の活用」などの実技を通して、すぐに保育に生かせることを学びます。


平成31年度園外研修計画


開催日 内 容 ね  ら  い 
 1  4月17日
(水)
 開講式
 【講話】「教員としての門出に際して」
 【講義】「教育公務員としての自覚」
      「教員としての生き方・在り方」
  • 教員となり、自分を磨く努力をすることの大切さや、社会人としての自覚と広い視野をもつことの大切さを理解する。
 2  7月22日
(月)
 【講義】「幼稚園教育の基本」
 【協議】「学級経営の基本」
 【講義・実習】「自然物を使っての遊びや
 制作」
  • 幼稚園教育要領の趣旨に基づき、幼稚園教育の基本について理解を深める。
  • 自然物などの教材の多面的な扱い方や遊びに取り入れる方法を学ぶ。
 3  7月25日
(木)
 【講義・協議】「教育課程と指導計画」
 【講義・実習】「体を動かすことを楽しむ
 遊びや表現活動」
  • 教育課程と指導計画とのつながりを理解し、週案及び日案を立案する際に視点とする幼児の姿や「ねらい」「内容」等について学ぶ。
  • 体を動かして遊ぶことを体験しながら、体を動かすことを心地よく感じさせる環境の構成や展開の方法・援助・幼児なりの表現の捉え方について学ぶ。
 4  7月30日
(火)
 【講義】「人権教育について」
 【講義】「小学校との連携」 
 【講義・実習】「視聴覚教材の活用」
  • 幼稚園での人権教育を理解する。
  • 小学校教育との連携について理解を深める。
  • 絵本や紙芝居・パネルシアター等の視聴覚教材を効果的に提示したり扱ったりする方法を学ぶ。  
 5  8月20日
(火)
(宿泊研修)
 入所式
 オリエンテーション
 【実習】ダンスゲーム、音楽教室、
 グループワーク、クラフト、自然観察等
  • 宿泊研修で、各種の教育的経験を通して、教育活動に対する意義の認識と指導力の向上を図るとともに、相互交流を深める。
  • 集団行動、野外活動等における留意点を学ぶ。
  • 異校種の初任者と交流しながら、体験活動を通して、表現力・コミュニケーション力・協調性・協同性等を身に付ける。
 6  8月21日
(水)
(宿泊研修)
 【講義・協議】「教師の役割」
 【講義・演習】「家庭との連携」
 【実習】ダンスゲーム、音楽教室、
 グループワーク、クラフト、自然観察等
 【自然体験活動】ファイヤーのつどい
  • 教師の役割を確認し、その大切さを知ることで、自分の保育を見直す。
  • 保護者等の対応について話し合うことにより、さまざまな対応の仕方を理解する。
 7  8月22日
(木)
(宿泊研修)
 【講義】職場のマナー
 「社会人としての心得」
 【講義】「幼児の発達の理解」
 【協議】「協同性を育てる保育」
 退所式
  • 社会人としての心得を学び、確認する。
  • 日々の保育の中で表す幼児の姿から「幼児の発達」を理解し、個に応じた対応を考える。
  • 幼稚園教育の中で、協同性を育てるための環境や援助の在り方について学ぶ。
  • 宿泊研修で学んだり、気付いたりしたことをまとめ、今後の保育及び園務に生かす。
 8  10月23日
(水)
 【保育参観及び授業参観】
 「保育内容や方法」等
 【協議】
 「環境の構成」「幼児との関わり方」
  • 環境の構成や教師の関わり方について、実際に保育活動及び小学校第1学年の授業を参観して学ぶ。
 9  2月12日
(水)
 【講義】
 「特別な支援を必要とする幼児の理解」
 【講義・実習】
 「遊びの捉え方と環境の構成」
 【講話・スピーチ】
 「一年間を振り返って」
  • 特別な支援を必要とする幼児の姿の理解を深め、幼児一人一人に合った支援や環境の構成の大切さを知り、保育の在り方を見直す。
  • 遊びの楽しみ方や広がりの多様性について理解し、環境の構成の仕方について考える。
  • 一年間を振り返り、自分自身の保育を見つめ直し、課題を見つけたり、成長を感じたりする。



平成31年度新規採用教員研修実施要項・研修報告書様式のダウンロード

 新規採用教員研修実施要項
 研修報告書様式

研修でこんな遊びを学んだよ!!
『土で遊ぶ・気持ちで遊ぶ』…土の感触を存分に味わいました。柔軟な発想で、思ったままの気持ちを形に表わしてみました。 一人一人が描いた丸を並べて飾ると、太陽が輝いているように見えました。素材や飾り方の工夫の大切さに気が付きました
遊びや身の回りの物、出来事から新しい気付きが生まれます。学んだ遊びを、担当する幼児の年齢や興味等に合わせて、アレンジして活用しましょう。

※詳細については、センターウェブページの「初任者研修・新規採用教員研修」に掲載してありますので、そちらを御覧ください。
                

幼稚園トップへ センタートップへ